IDE-SSDをWinXP機に換装するときの作業手順を考えた

上海問屋で販売中のIDE-SSDと、Yahoo!オークションのSO-DIMMを合わせて一万円台で旧式ノートパソコン(WinXP機)を出来るだけ快適に動かしたいな、といろいろ考えた結果、以下のようにしたら良いかもしれない。
CFD製IDE-SSDならプチフリーズがあまり発生しないと評判らしいが、はてさて?

検証環境は前回同様、SHARP PC-CS50JTranscend社製IDE-SSD(TS32GSSD25-M)
追加購入したのはオークションで入手したDDR SDRAM(SO-DIMM)1GB*2枚

基本的な構成は以下のようにする。


  1. WinXPは初期状態に戻す。(クリーンインストールまたはリカバリメディアから戻す)

  2. pagefile.sys(仮想メモリ)の使用量をゼロにする。

  3. RAMディスクを用意して、TEMPなどの書き込みはメモリで行う。


作業手順は以下の通り。

  1. IDE-SSDに換装する。

  2. メモリは初期購入時の最小構成に戻しておく。
    WinXPインストール直後の仮想メモリ設定は「システム管理サイズ」なので、メモリ容量に比例して pagefile.sys ファイルが肥大化し、起動直後にプチフリーズどころではないくらいに起動時に固まる可能性があるため)

  3. WinXPクリーンインストール、またはリカバリメディアから再インストール。
    クリーンインストールのときは、SP+メーカーなどを使ってServicePack 3を統合したインストールディスクを用意するのが望ましい。

  4. FlashFire for XPをインストールする。
    インストールしてもプチフリーズがなくなることは無いが、おまじない程度の効果を期待するくらいのつもりで。

  5. RAMディスクドライバをインストール。ERAM for WindowsNT3.51/4.0/2000/XP Ver 2.20 ドライバ
    有効にするには再起動が必要なので、あらかじめインストールだけ行っておく。

  6. c:\boot.ini を編集し、WinXPが使用するメモリの最大領域を制限する。
    boot.ini はシステムファイル扱い+読込専用にチェックが入っているので、編集可能にする必要がある。→参考
    今回は1GBを上限としておくため、/MAXMEM=1024 を追加。

  7. レッツノート近代化改修3 (CF-R3 HDD→SSD換装)より、「WindowsXPの設定を変更」を実施。
    • レジストリの設定を変更する。(Prefetch機能(キャッシュの先読み)の停止)
      「HKEY_LOCAL_MACHINESYSTEMCurrentControlSetControlSession ManagerMemoryManagementPrefetchParameters」にある「EnablePrefetcher」を開き、デフォルト値の「3」を「0」に変更。

    • 書き込みキャッシュを無効にする。
      「デバイスマネージャ」→「ディスクドライブ」→SSDドライブに対し、「ポリシー」タブの「ディスクの書き込みキャッシュを有効にする」のチェックを外す。

    • システムの保護を無効にする。(どうせ戻すことは無いと割り切る)
      (システムのプロパティ→「システムの保護」タブ→「構成」ボタン→「システムの保護を無効にする」にチェックを入れる)

    • 仮想メモリの設定を「ページングファイルなし」に変更する。
      (システムのプロパティ→「詳細設定」タブ→パフォーマンスの「設定」ボタン→パフォーマンスオプションの「詳細設定」タブ→仮想メモリの「変更」ボタン→「ページングファイルなし」を選択したあと「設定」ボタン押下)

    • 自動更新の設定を変更する。

    • ファイルインデックスを無効にする。
      SSDドライブのアイコンを右クリック→「プロパティ」→「全般」タブの「このディスクにインデックスを付け、ファイル検索を早くする」のチェックを外す。


  8. WinXPをシャットダウンし、メモリを1GB以上の構成に置き換える。

  9. WinXPを起動したら、コントロールパネルからERAMを実行して設定変更を行う。
    ディスクサイズはメモリ搭載量に応じて計算する。今回は 980000KBを設定。
    全容量(2GB≒2048000KB) - {WinXP領域(1GB≒1024000KB) + オンボードVGA共有領域(32MB≒32000KB) + 競合したら危ういので余裕を持たせる分(12MB≒12000KB)}

    メモリ確保元は「OS管理外領域」をチェック。
    「実デバイス扱い」にチェックを入れる。
    「TEMPディレクトリ作成」にチェックを入れる。

  10. WinXPを再起動し、RAMディスクドライブが有効に使えるかチェックする。

  11. RAMディスクドライブが有効に使えることを確認したあと、環境変数の「TEMP」「TMP」をRAMディスクドライブに変更する。
    (システムのプロパティ→「環境変数」タブ→ユーザー環境変数、システム環境変数の「TEMP」「TMP」のパスをRAMディスクドライブのTEMPフォルダにする。)

  12. WinXPがService Pack 3ではないときは、Service Pack 3をインストールする。
    このとき、Cドライブ(IDE-SSD)やRAMディスクドライブに解凍されるのを防ぐため、USBメモリやCD-Rに展開済みのインストーラーを用意出来ていることが望ましい。

  13. ドライバがインストールされていないときはドライバをインストール。

  14. Internet Explorer 8 をインストールする。

  15. Internet Explorerの一時ファイルと履歴の保存先をRAMディスクドライブに変更する。
    (コントロールパネル→インターネット オプション→「全般」タブ→「閲覧の履歴」の「設定」ボタン→「フォルダーの移動」ボタン→RAMディスクドライブ直下 z:\ を指定)

  16. ここまでやったら、いったん再起動。

  17. Microsoft OfficeやGoogle Chromeなど、アプリケーションのインストールを行う。


起動はすごく快適、シャットダウンで若干プチフリーズが発生する程度かな。
アプリケーションのインストールやWindows Updateの更新で、IDE-SSDに大量書き込みが発生することがあるのはやむを得ないにしても、ここまでやったら十分だろう。

そういやサスペンドや休止状態をテストしてなかったけど、外出時に使うこともないだろうからそのままでいいか。
----
前回 FlashFireをインストールしたらプチフリーズは回避されるというのは思い込みに過ぎなかった