読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Googleの2段階認証を有効にする

前回のGoogle2段階認証の設定方法がようやく理解できたので覚書を更新。
2段階認証の設定ページ(要Googleログイン、iPhoneAndroidアプリのダウンロードリンク先もログインしてから確認)

2段階認証を別のシステムで例えると、ジャパンネット銀行のワンタイムパスワードと同様の機能を実現すること。

  • iPhoneAndroidの場合は専用アプリをインストールし、Googleアカウントを紐付けることで、6桁の2段階認証コードが自動生成される。アプリで生成されるため、オフラインでも使用可能。
  • 携帯電話の場合は、電話番号またはメールアドレスを登録する。登録時にGoogleから2段階認証のコードが通知される。このコードを登録することで携帯電話認証が有効になる。

なお、2段階認証の紐付けは1台のみとなっている模様。

2段階認証が有効なアプリケーションの場合は、Googleログイン後に2段階認証のコードを入力する画面に遷移する。アプリを起動、または携帯電話に通知される認証コードを参照して画面に入力する。

  • 2段階認証が行えたものは以下のとおり。
    各種ブラウザからのログイン
    iOS版Gmail(iOS5のiPhone4)
  • 2段階認証に対応していない場合は、設定ページより個別のパスワードを発行し、それを登録する必要がある。
    iPhone4標準のカレンダー(設定からのGoogleログイン)
    IdeaPad A1(Android 2.2.3) 設定画面からのGoogleログイン
    IS12T(Windows Phone 7.5) 設定画面からのGoogleログイン